ザっくりととのうサウナ入門

サウナ初心者さん玄人さんどちらにも楽しんで頂けるコンテンツを提供しようと努めるブログです。

【実験】サウナ前とサウナ後のボディケアでは体感が変わるか試してみた

ザっくりの更新情報は公式LINEアカウントから!

f:id:zakkurisauna:20210308190031j:plain

はじめに

つい先日、おふろの国のボディケア店長・大西一郎さんからメッセージが来た。

「『ととのい』によって五感が敏感になるのなら、ボディケアを受けているときの気持ち良さもサウナ前後で変わるのではないか、という仮説を思いついたのでモニターになってくれませんか」と。

サウナ・スパ健康アドバイザーの資料の中でサウナ前後での効果の違いについての言及があったが、「体感」に着目した話は聞いたことがなかった。

とても面白い検証実験だと思い、「是非に」と快諾し、おふろの国で実験を行ってきた。

f:id:zakkurisauna:20210308202951j:plain
※「温浴業界のリーサルウェポン」こと大西一郎さん

www.g-sauna.com

twitter.com

サウナ前のボディケア

僕はそもそも、日常的にボディケアを受けてこなかった人間だ。(金銭的な問題で)

だからボディケアそのものに非常に興味があった。

30分の施術ということだったが、施術前は「30分て結構長いなー」という印象を持っていた。

それが実際に受けてみると、30分なんてあっという間で、体感的には15分くらいだったのが驚きだった。

大西さんいわく「体に触れただけでどのくらいの強さで押せばいいのかが分かる」ようで、実際すごく絶妙な力加減で心地よさを提供して下さった。もちろんコリが酷いところを押された時は痛かったけど、”イタ気持ちいい”と感じられる強さだった。

ぶっちゃけ施術前は「マッサージチェアで十分なんじゃないの?」とか思っている部分もあったけど、とんでもない。マッサージチェアとプロの整体師とはもはや別ジャンルのものであるということを認識した。

心も体もほぐされる、とても素敵な体験だった。

サウナに入る

あっという間にボディケアが終わり、早速サウナに入ろうとしたところ、大西さんから「ちょっとクールダウンしてから入浴してください」と言われた。

なんでも、施術後は血行が良くなっているから、すぐに熱いお湯に浸かったりすると頭に血が行き過ぎてのぼせてしまうことがあり得るらしい。

言われた通りに少し休憩してからサウナに入った。

血の巡りが良くなっているからか、はじめから体の内側が温まっているような感覚があった

また、体がほぐれていることで気分的にとてもリラックスしており、サウナ室内での心はいつも以上に穏やかな状態だった。

そして水風呂に入ったのだが、ここで驚いたのがいつもの倍くらい長く入っていられたことだ。(2セット入ったのだが、2回とも)

明らかに内側がポカポカしているのだ。

そして外気浴してととのいを得て、ふと自分の体を見てみるとめちゃめちゃあまみが出来ていた。ちょっと気持ち悪いくらい。

僕は体質的にあまみが出来にくいし、これまでおふろの国に何度も来ているがあまみが出来た記憶が無い。

これはもしかしたらボディケアによる血行改善の影響なのかもしれないなと思った。

サウナ後のボディケア

2セットした後、再び大西さんのボディケアを受けたのだが、サウナ前と明らかに違う点が3つあった

ひとつめは、自分の体が非常に柔らかくなっていたということ。

体のこわ張りがすっかりなくなっていて、大西さんが押す指が深く入っていくのを感じられるようになった。大西さんも「柔らかくなった」と言っていたので、これは間違いないのだと思う。

ふたつめは、これは意外な気づきだったのだが、強く押している指以外に体に触れている指の存在を敏感に感じるようになったこと。

サウナ前の施術では押されている指にばかり意識がいっていたのだが、それ以外の指がどのように体に触れているかが伝わって来て、立体的な指圧を感じることが出来た

みっつめは、撫でられることがとても心地よく感じられるようになったこと。ずっと撫でられていたいと思えるくらい。

そこから思ったのだが、たまにサウナ付きのラブホの情報を目にするが、あれは行為前にサウナ浴をしておくことで、より良いセックスが出来るようにする仕掛けなのかもしれない。この辺りはサウナ好きのセクシー女優さんや男優さんに検証してもらいたいところだ。

おわりに

今回の実験「ボディケアはサウナ前後で体感は変わるのか」について、僕としての結論は「体感はかなり変わるからなるべくサウナ直後にボディケアを受けた方が良い」ということになった。

「皮膚感覚が非常に敏感になっている」と身をもって感じられたことはとても大きな収穫だった。

なので、ボディケアの場に今後改善を提案するならば、「入浴後の利用を強く推奨すること」(これは既にされていることかもしれないが)と、「皮膚感覚を刺激する様々な仕掛けを用意すること」が言えそうだ。

後者の具体的な案としては、「柔らかい温風を送る」とか「暖房機能のついたベッドを利用する」とか「肌触りの良いタオルを利用する」などが挙げられると思う。

サウナブームにおいてボディケアはスルーされがちだが、ここをスルーしてしまうのは非常にもったいないということを今回の実験から強く思うようになった。

特に、マッサージは街のお店で済ませてしまっている方なんかは体感の違いにきっと驚くはずだから、ぜひ一度試してもらいたい。


(おわり)