ザっくりととのうサウナ入門

サウナ初心者向けにサウナについてざっくりとわかるように紹介するブログです。

サウナーインタビューvol.30 Tomokiさん(30歳男性・サウナ歴3年)

サウナープロフィール

f:id:zakkurisauna:20181107012810j:plain
サウナネーム:Tomoki
お住まい:中野・高円寺界隈
年代:30歳
性別:男性
サウナ歴:3年
webサイト:
twitter.com

インタビュー

①サウナに目覚めたきっかけは何ですか?

笹塚に住んでいた時があって銭湯にいこうかなと検索していたら、マルシンスパというメンズスパが出てきたんです。
marushinspa.jp

銭湯のつもりで行ってみたらたまたまロウリュの時間と重なり、あのドSな熱波ロウリュ氷入りの水風呂を食らい人生がかわりました…笑

元々不眠症で寝つきが悪かったのですが、これがきっかけでサウナが日常にない生活ができなくなりました。。

②サウナにはどれくらいの頻度で通っていますか?入浴の流れはどんな感じですか?

・頻度
週2ぐらいです。

・入浴の流れ
マルシンスパ:
(サウナ8分 → 水風呂2分 →外気浴5分)× 5セット 合計90分

その他サウナ:
(サウナ10分~12分 →水風呂2分)× 7セット 合計90分

③あなたにとって「ととのう」とはどういう感覚ですか?

2つあります。

●フィジカル的なととのう:
熱気と冷気を交互にあびたことで肌が空気に敏感になっていて、普通にしてるだけで風が心地いいなという状態。

サウナ後に布団に入ると、掛け布団や毛布の繊維を、肌がダイレクトに感じた時「ととのったな~」と感じます。

言葉では表現しづらいですが、なんとも言えない幸福感が身を包む感じ。

●メンタル的なととのう:
来る前よりも精神が落ち着いている状態。

サウナに入っている時間は、自分自身とのコミュニケーションの時間でもあるように思います。

如何に自分が自分を気持ちいい状態にするか?を対話しながら進めていくので、日常の中で最も自分にやさしくなれる時間だなと思っています…笑

自分の裁量で、自分を気持ちよい状態に導き、それが叶った時に、なんともいえない自己肯定感幸福感に包まれます。

④質の高いととのいを得るために工夫していることはありますか?

絶対に無理をしないと決めています。

とりあえず8分と決めていますが、しんどくなったらいつでも出ていいと自分にいい聞かせています。

変に8分は絶対という風に、自分にノルマを課すと、達成できなかった時に自己肯定感が減るのであくまで自分にやさしく。

⑤サウナ初心者にサウナや水風呂に慣れるためのアドバイスをいただけますか?

無理をしないことと、水風呂は最初は腰までとか、ハードルを低くして徐々に慣らすのがいいかと思います!

それも辛かったら、シャワーの水をあびるとか。

⑥おすすめのサウナはどこですか?どんな特長がありますか?

・笹塚のマルシンスパ
1日3回?ロウリュタイムがあり、日替わりでアロマロウリュが楽しめます。

そしてかなりドSに熱波をかけられるので、サウナーにはたまらないです。
marushinspa.jp

・中野の新越泉
サウナの温度が少し高め?な気がします。5、6分でかなりの発汗作用があります。

全体的に綺麗で広いし、テレビもあるので初心者にもオススメです。

あと個人的に、サウナから水風呂までの距離が近いのでそのあたりの導線設計も好きです。
http://shinetusen.com/

⑦サウナ以外でおすすめの何かを教えて下さい。

高円寺の小杉湯という銭湯に週3で通ってます。

銭湯 × ◯◯ でいろんな試みをしているスタートアップなカルチャーを感じる銭湯です。

交互浴の聖地と呼ばれていて、サウナはないですが日替わりの熱湯と水風呂を7往復すると大気圏までぶっとばされるほどととのいます。

ぜひお試しください~
sentogurashi.com