ザっくりととのうサウナ入門

サウナ初心者向けにサウナについてざっくりとわかるように紹介するブログです。

ととのうサウナの入り方を徹底解説!入り方の基本をおさえてサウナの快楽を体感しよう!

f:id:zakkurisauna:20200217140514j:plain

はじめに

こちらの「ととのうサウナの入り方記事」をご覧になっているということは、「なんかサウナに入ると『ととのった』とかいう感覚になるらしいじゃん?」とちょっと気になっているということでしょうか。

「ととのうってなに?」という方のためにざっくり説明しておくと、サウナにおいて「ととのう」とは、「非日常的な快感を得られること」です。

サウナに入るだけでそんな気持ちを味わえちゃえるなんて、ちょっと興味が惹かれませんか?

そんな「ととのうサウナの入り方を知りたい!」というビギナーの方のために、サウナ愛好家(通称:サウナー)が行う基本的なサウナの入り方をばっちりわかりやすくご紹介します!

ととのうサウナの入り方

ざっくり言うと、


「サウナ(6~12分)→水風呂(30秒~2分)→休憩(5~10分)」を1セットとして、これを3セット程度


これを行っていると、何セット目かの休憩中にととのいを得ることが出来ます。(ちなみにこのスタイルの入浴方法は温冷交代浴と呼ばれるものです)

意外かと思われるかもしれませんが、サウナーにとって、サウナ室に入ること自体は準備段階なんです。熱いところが好きなわけではないんです。

その後に待っている水風呂からの休憩こそが気持ち良さの核なんです。

その点を理解しておくと、グッとととのいに近づくはずです。

入り方のポイント

f:id:zakkurisauna:20200208202317j:plain

なお、サウナ・水風呂・休憩それぞれの工程においていくつかの注意しておきたいポイントがあります。

注意点をおさえておくことで、素敵なサウナ紳士となり、ととのいを得やすくし、また体への負担も少なくすることができます。

以下にまとめたので、ぜひ目を通してください。

前準備

水分とミネラルの補給(例:スポーツドリンクを飲む)をしましょう(1回のサウナ浴で300mlくらい汗が出るので)

体を洗いましょう(毛穴をきれいにして発汗しやすい体にします)

・湯船に数分入っておくと体内が温まり、サウナで発汗しやすくなります(後の水風呂の爽快感にも繋がります)

・深呼吸やストレッチをするなどなるべくリラックスした状態を作りましょう

サウナ

・タオルで軽く体を拭いてからサウナ室に入りましょう(発汗しやすくなります)

辛いと感じたら時間は気にせずすぐ出ましょう

・慣れないうちは、入口近くの下段に座りましょう(そこが一番低温で換気が良いので)

・サウナから出た後は必ずかけ湯やシャワーで汗を流しましょう(水風呂に汗を入れないためのマナーです)

水風呂

・かけ水は冷たさを感じやすくて水風呂への抵抗感を強めてしまうので、慣れるまではかけ湯にしましょう

・不慣れなうちはゆっくり入ろうとすると頭が「冷たくてムリ!」となるので、いっそ思い切ってスッと肩まで浸かって無心で10数えてみましょう。「意外と大丈夫かも」となります。もししんどいままだったらすぐ出ましょう

・あまり体を動かさずに深呼吸しましょう。特に息を吐くのをゆっくりにしましょう(冷たさが少し軽くなります)

寒いと感じたら時間は気にせずすぐ出ましょう

休憩

・休憩前に軽く体を拭きましょう(体が冷えないように)

・椅子やベンチに座って目をつむってゆっくり深呼吸しましょう(ととのいを感じることに集中しましょう)

・血流や鼓動など、自分の内部に意識を集中させると、ととのいやすくなります

入浴後

・浴室を出る前にさっと水風呂に入るか冷シャワーを浴びて毛穴を閉めましょう(湯冷めを防止します)

必ず水分とミネラルの補給をしましょう(脱水症状にならないように)

・すぐ着替えずに汗が引くまで待ちましょう(湯冷めを防止します)

・着衣後、ベンチやリラクゼーションシートなどで休憩しましょう(ここでととのう人もいます)

サウナと水風呂に慣れるために

f:id:zakkurisauna:20191224220800j:plain

最初のうちは、上記の注意とかを守ったところで「そもそもサウナが熱くてムリ」とか「水風呂冷たすぎ死ぬ」という壁にぶつかってしまうかもしれません。たぶんぶつかってしまうことでしょう。

そんなときのために、苦手意識を克服するためのコツをお教えします。

サウナ

頭にタオルをかけて、軽く口をふさぐ

これだけでだいぶ呼吸が楽になります。ぜひ試してみてください。

水風呂

「温度の羽衣」を感じる

「意味不明の単語が出てきた…」と警戒しないでください。サウナ界ではめちゃめちゃポピュラーな用語なんです。

何なのかというと、水風呂に入ってじっとしていると、肌と水風呂の間に「わずかな温かみ」を感じられるようになるんです。

そのわずかな温かみに集中していると、意外と冷たさに耐えることが出来るんです。というか、むしろその状態を気持ちいいとさえ感じられるようになるんです。

ただ、誰かが水風呂を出入りして波立つと、その温かみはたやすくほどけてしまいます。ゆえに「羽衣」なんですね。


478(ヨンナナハチ)呼吸法をする

「4秒息を吸って、7秒息を止めて、8秒息を吐く」という呼吸法です。

ググって頂くと詳しくわかりますが、リラックス作用がある呼吸法で、眠る前などにやると効果的だと言われています。

ただ、ここでこの呼吸法を行うキモは、「カウントに集中する」ということです。

これによってだいぶ冷たさをごまかすことができます。


他にもいくつかコツがありますので、興味がある方は下記の記事を読んでみて下さい。
zakkurisauna.hateblo.jp

ととのう以外に期待できる効果

ととのうサウナの入り方は、実は快感が得られるだけじゃなくて、からだにも良い効果が沢山あるんです。

代表的なところでいうと以下の効果が期待できます。

メンタルケア

快眠

美肌効果

冷え症の改善

免疫力アップ

疲労回復

ご飯がめっちゃ美味しく感じる


理屈を詳しく知りたい場合はぜひ下記の記事をご覧ください。

zakkurisauna.hateblo.jp


そういうわけで、このようなサウナの入り方というのは、ととのうし健康に良いしで一石二鳥な入り方なんですよ。

なので、ぜひ試しに習慣として取り入れてみて頂きたいですね。

気を付けておくべきこと

f:id:zakkurisauna:20200208202538j:plain

なお、サウナに入ることが良いことしかないかというと、必ずしもそうとは限りません。

血管には負荷がかかりますし、髪も傷みます。そういうデメリットがあることも忘れないでおきましょう。

zakkurisauna.hateblo.jp

おわりに

今回紹介したこの入浴方法をすれば100%ととのう、というわけではありません

体調が良くなかったり施設のセッティングが自分に合わないときなどは全然ととのわない日もあります。

特に水風呂で快感を得られないときは大体ととのいません

なので、一度ととのわないからといって諦めるのではなく、「そのうち来るでしょ」とのんびり構えて何度かチャレンジしてみてください。