ザっくりととのうサウナ入門

サウナ初心者向けにサウナについてざっくりとわかるように紹介するブログです。

ととのうサウナの入り方をざっくり解説!正しい入り方で最大限に効果を高めよう!注意点も記載

はじめに

これをご覧になっているということは、何かしらのきっかけでちょっとサウナが気になっているということですよね。

加えて「なんかサウナ入ると『ととのった』とかいう感覚になるらしいじゃん?」とちょっと気になっているということですよね。
f:id:zakkurisauna:20180617211013j:plain

もし「ととのうってなに?」という方がいらっしゃったらこちらの記事を読んでください。
zakkurisauna.hateblo.jp

そんな「ととのうサウナの入り方を知りたい!」というビギナーの方に、サウナ愛好家(通称:サウナー)が行う一般的な入浴方法を簡単にご紹介します!

ととのうサウナの入り方

ざっくり言うと、


「サウナ(6~12分)→水風呂(1~2分)→休憩(5~10分)」を1セットとして、これを3セット前後


これを行っているとどこかのタイミングでととのいます。(ちなみにこのスタイルの入浴方法は温冷交代浴と呼ばれるものです)

基本的には休憩しているときにととのう感覚を得る人が多いですが、水風呂に入っているときだと言う人もいます。

サウナでととのうことはまず無いです。


意外かと思われるかもしれませんが、ほとんどのサウナーにとってメインディッシュは水風呂です。

サウナで蒸されること自体に一番の快感を得ている人はほとんどいません。

メインの水風呂で「ちょー気持ちいい!」となること、そしてそのあとの休憩でととのうことを楽しみとして、サウナでじっと蒸されるわけです。

いわばサウナ自体は準備段階、儀式のようなものです。

じっくり汗をかいて体が水風呂を欲するのを待つのです。

その点を理解しておくと、ととのいに近づくかもしれませんね。

注意点

なお、それぞれの工程においていくつかの注意しておきたいポイントがあります。

注意点をおさえておくことで、素敵なサウナ紳士となり、ととのいを得やすくし、また体への負担も少なくすることができます。

以下にまとめたので、ぜひ目を通してください。

前準備

  • ブログ等でお店のルールをリサーチしておくとベター(サウナの入り方にまごついてしまうと落ち着かないので)
  • 水分とミネラルの補給(例:スポーツドリンクを飲む)をしましょう(1回のサウナ浴で300mlくらい汗が出るので)
  • 体を洗いましょう(公衆浴場の基本的なマナー&発汗しやすい体作り)
  • 湯船に入浴しておくとサウナで汗が出やすくなります(後の水風呂の爽快感に繋がります)
  • 深呼吸やストレッチをするなどなるべくリラックスした状態を作りましょう

サウナ

  • 体を拭いてタオルを絞ってから入りましょう(他の方を不快にさせないためのマナー&発汗作用の促進)
  • 辛いと感じたら時間は気にせずすぐ出ましょう
  • サウナから出た後は必ずかけ湯やシャワーで汗を流しましょう(水風呂に汗を入れないためのマナー)

水風呂

  • 不慣れなうちはゆっくり入ろうとすると頭が「冷たくてムリ!」となるので、まずは思い切ってザブンと全身浸かって10数えてみましょう。「意外と大丈夫かも」となります。もししんどいままだったらすぐ出ましょう
  • あまり体を動かさずに深呼吸しましょう。特に息を吐くのをゆっくりにしましょう(冷たさの軽減)
  • 寒いと感じたら時間は気にせずすぐ出ましょう

休憩

  • 休憩前に体をさっと拭きましょう(体が冷えないように)
  • 椅子やベンチに座って目をつむってゆっくり深呼吸しましょう(ととのいを感じることに集中する)

入浴後

  • 浴室を出る前にさっと水風呂に入るか冷シャワーを浴びて毛穴を閉めましょう(湯冷め防止)
  • 必ず水分とミネラルの補給をしましょう(脱水症状防止)
  • すぐ着替えずに汗が引くまで待ちましょう(湯冷め防止)
  • 着衣後、ベンチやリラクゼーションシートなどで休憩しましょう(ここでととのう人もいます)

おわりに

なお、この入浴方法をすれば100%ととのう、というわけではありません

体調が良くなかったり施設のセッティングが自分に合わないときなどは全然ととのわない日もあります。

特に水風呂で快感を得られないときは大体ととのいません

なので、一度ととのわないからといって諦めるのではなく、「そのうち来るでしょ」とのんびり構えてチャレンジしてみてください。


繰り返しになりますが、ととのうタイミングは人によってマチマチです。

ぜひ各々、自分にとって最も心地よくなるタイミングはどこか探してみて下さい。